忍者ブログ

気まぐれな開発記と何か

気まぐれにスマホゲーム開発記を書いたり/ その他気になることを書いたり

entry_top_w.png

*これは検証記事ではありませんm(__)m*

今日Amazon(USA)から新しいPCが届いた…
 


ASUSのThe ROG Zephyrus GX501だ!

こいつはMAX-Qデザインという名の新しい技術により
従来のハイスペックなゲーミングノートPCを
かなり薄型に成功した物で2.2kgという軽さの中に
GeForce GTX 1080(MAX-Q仕様)を搭載されています!



五年前(2012年)に買った私の相棒…ALIENWARE M18xとサイズや重量を
比べると当たり前だけど、その薄さと重量の違いは相当な物です(*´ω`*)

 
私がこのPCを買った理由は
仕事の都合でよく飛行機で移動したり
生活環境などが(引っ越しなどで)度々と変わるもので、
ちょっとした外出に持ち運びたい訳ではないのだがデスクトップを
引っ越しや飛行機に乗る度に運ぶのは辛く、
多少高スペックなタブレットやノートPCでは
私のしたい作業やゲームができなかったりなどがあり…

そういう理由で五年前に購入したのがALIENWARE M18xであり。
当時はスペック的には満足していたものの

ALIENWARE M18xはかなり重かった!(;´д`)

そしてなにより時代と共にこいつでは
ほとんどのゲームがある程度設定を下げないと満足にプレイすらできなくなり


ついに今回The ROG Zephyrus GX501を購入する事になりました。

重視したのは…
1.ノートPCならではの拡張できない欠点を少しでも補う為に
ある程度最新のハイスペックである事。


2.持ち運び困難なALIENWARE M18xの様に
ゲーミングノート特有のゴツく重いPCではない事。

 
この2つの条件がThe ROG Zephyrusには揃っていました。

海外サイトやYOUTUBEなどに
レビューやベンチマークなどの検証動画など
がたくさんある為、この記事では検証はしませんが

大まかな性能を言うと
このGTX 1080(MAX-Q仕様)のベンチマークは
通常のGTX 1080搭載のゲームミングノートPCより低くく
GTX 1070搭載のゲームミングノートPCより10%ぐらい高いそうです。

「これがGTX 1080といえるのか?」などの声も上がっていますが、
私にはあまり専門的な事は判断できません(´ω`;)


…が重要なのはやはりThe ROG Zephyrusには
GTX 1070を超えるスペックが
この軽さの中に入っているという事です。


気になる事があるとしたら
本体にはSSDが512GBしか入ってないので(最大1TB?)個人的には
Dドライブとして1TB以上のHDDも本体に入ってくれてた方が楽だった事。
(usbなどで補えますが...)

それとACアダプタの位置が左の真ん中だった事…
もう少し後ろに付いていて欲しかったが構造上しかたがないのかもしれない。


あとはバッテリーは全然持たないそうです。
(承知の上なので問題はない)

最後に2.2kgのThe ROG Zephyrusは
過度に「軽い!」と期待をすると実際はそこまで軽くはないと思った事。
もちろん他のハイスペックゲーミングノートなどと比べると圧倒的に軽いのだが、タブレット系やmac book airなどの重量などと比べてしまうと…



噂のThe ROG Zephyrusの画面を開くと本体下が持ち上がり開く仕組み
実際見るとそこまで目立っていなく、確かに持ち上がっているのだけど
気にはならないレベルだと思いました。


私が今回書けるのはこのぐらいかと思いますが、
結果満足できる買い物をしたのではないかと思います。

もし私みたいに外に持ち出すゲーミングPCが必要であれば
The ROG Zephyrusは現状もっとも軽くてパワフルなPCの一つで、

作業などの面でも、動画などをエンコしながらオンラインゲームをして
ブラウザ沢山開いたりなども余裕なのでメインのPC作業もバッチリです!

なのでオススメできます!(´ω`)

拍手[5回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
RPGツクールMV製ゲーム


タイトル: アリスの娘
ジャンル: ブラックメルヘンホラーADV
製作者: ジグル / Giggle Game
URL:
・作者サイト         / Giggle Game

・ゲーム               / AndApp
・Twitter              / ジグル@GiggleGame


1-ブラックメルヘンホラーとは何か

タイトルとジャンルの通りメルヘンな不思議な国のアリスと
+αな世界をホラーで染めた感じの世界を体験できるゲームです 。

不思議な国のアリスで動物だっだキャラ達が
擬人化されている事でホラー色が強くなっている感じがします。


2-リアル頭身なドット絵と横スクロール

ゲーム画面は2Dの横スクロールでキャラクター達はリアル頭身
初代クロックタワーを思わせる雰囲気を出しています。

会話やメッセージに顔グラや立ち絵はないのですが、
頭身の高いドット絵キャラクター達が

「しゃがみ」 「見上げたり」 「笑ったり」 「頭がなくなったり」

などなどまだまだ沢山あるのですが…
そんなドット絵キャラ達が

シーンに合った動きを個性豊かにしており
想像をかきたてる内容になっています!

私はこういうドット絵が動作するゲームが大好物です!!
それと同時にこれらを見るだけで手が込んでいる作品だとスゴく感じます。


3-探索したくなるホラー

個人差はあると思いますが
私がプレイした感じは「程良いホラー感」を感じました。
本気で驚かせてきたり恐怖を与えるホラーは
プレイヤーや視聴者に

「もうこの場に居たくない!」
「怖過ぎる!もう先に進みたくない!!」

っと心理的に追い込んできたりする場合が
ありますがそれとは少し違い

ジワジワした...

ゾクゾクするホラー...


と言いますか…

重大な場面ではそのシーンそれぞれにかなり凝った残酷なシーンなどの
演出が存分に出ているのですが、

「怖いけどストーリーの先が気になる!!」

先を見たくなるような中毒性のある感じがして、
私はかまいたちの夜などのバットエンドを見るのが好きで
このアリスの娘もチリばまれたバットエンドが沢山あり
そう言われると...
あからさまに....

「こっちの道へ行けばどうなる?」

「この選択肢を選べばバットエンドだろ!」

っという感じの選択肢を楽しみながら選べる感覚があります。

私が思うこういう「正解ではない選択肢」を選びたくなる感覚って

何かをコンプリートしたくなる気持ちや、新しい物を購入した時のワクワク感、
つまり未知の物に初めて触れたり見たりする感覚と似ている気がします。

「選ぶときっと何か楽しませてくれる!」

っと感じるものがこの作品にあるからなんだと思います。


まとめ / 最後に…

独特な手の込んだグラフィックで描かれるアリスの娘は
非現実でメルヘンチックな世界をホラーで染めた物語…
イラスト込みでの演出の
重大なシーンまでプレイしたその瞬間...


アリスの娘というゲームに
心を鷲掴みにされるような感覚になると思います!


そして私個人的にはメルヘンチックという部分よりも
胸が熱くなるようなドラマチックな展開が終盤にあるのがとても印象的で

ストーリーを楽しみたい方やホラー好きであればプレイをお確かめします。



タイトル: アリスの娘
ジャンル: ブラックメルヘンホラーADV
製作者: ジグル / Giggle Game
URL:
・作者サイト         / Giggle Game

・ゲーム               / AndApp
・Twitter              / ジグル@GiggleGame



この記事は私の個人的な目線で極力
ネタバレをしない程度に感想を書かせていただいてますが、
もし何か問題があれば記事の内容を変えたり削除する可能性があります。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
RPGツクールVXACE製ゲーム

タイトル: 雨色ビスケット
ジャンル: 短編アドベンチャー
製作者: POPO
URL:
・作者サイト         /
popodot
・ゲーム               / ふりーむ!
・Twitter              / @popodoto222


1-プレイ時間10分程!

プレイ時間5〜15分以内で終わる
雨色ビスケットは物語や世界観を楽しむ
超短編アドベンチャーです!

「10分ぐらいで終わるゲームだからストーリーも中身がないのでは?」
「ちょっとしたミニゲームみたいのが入っていて終わりなのでは?」
っと初めは正直思いましたが…

しかし!

短いゲームの為に作られたストーリー、
短いゲームの為に作られグラフィック達、
短いゲームの為に作られたイベント演出、

どこを見てもしっかり作られていて
ふりーむ!さんに書いてある通り
「笑いあり!涙あり!ほのぼのアドベンチャー」
10分ぐらいのゲームにここまでを詰めれるものなのか!っと思いました。


2-独特な世界観

雨色ビスケットはプレイすると分かるのですが
とても独特な世界観があります!

どういう風に独特かというと…
・おっさんがいきなり現れたり…
・おっさんが死闘を繰り広げたり…
・おっさんが大量に…

もちろん、おっさんが全てではありません!!
 
とりあえずプレイするとその演出や内容の
作り方のセンスに驚きます!


3-手書きのキャラ・マップ
 
目に見える全てが作者による
手書きのキャラとマップ達であり
その個性的なキャラやマップ達は

見ているだけで癒されると思います!


まとめ / 最後に…

好みなどで個人差はあると思われますが...
百聞は一見にしかず!!

たった10分程のプレイで
しっかりと一つのストーリーと世界観を伝える
雨色ビスケットを是非プレイをお勧めします!
 
タイトル: 雨色ビスケット
ジャンル: 短編アドベンチャー
製作者: POPO
URL:
・作者サイト         /
popodot
・ゲーム               / ふりーむ!
・Twitter              / @popodoto222


この記事は私の個人的な目線で極力
ネタバレをしない程度に感想を書かせていただいてますが、
もし何か問題があれば記事の内容を変えたり削除する可能性があります。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
RPGツクールMV製ゲーム

タイトル: カオス&ソード
ジャンル: RPG
製作者:
・メインシナリオ等 / KyoHey
・イラスト等 / 兎星アノ
・サブシナリオ等 / 鶴亀七八
URL:
・作者サイト /
A-KU
・ゲーム / 個人サーバー版プリシー版
・Twitter / @KyoHey_A_KU


1-イラストやキャラデザインが素敵

私がこのゲームをプレイして第一に思ったのが…
キャラや敵のデザインのイラストがスゴく素敵!!

新しい敵が現れる度に個性的で
可愛かったり、カッコよかったりする敵の数々
このイラスト達だけでモンスターゲームみたいのを
作れるのではないかと私は思います!


2-ゲーム製作者方々とのコラボ


カオス&ソードといえばこれ!!
他のフリーゲームにはないほどの
ゲーム製作者方々とのコラボ企画!

その数39 名!!(*2016/9/10記)


これだけの製作者様のキャラ達のイラストを描きゲームに参加させて、
一部はプレイアブル化させています!

私も製作者の端くれとして見ると
これは時間や労力的にもそう簡単な作業ではなく、
とてつもなくスゴい事をしていると感じます。

(…ちゃかり私もコラボしていただいてます)


3-進化し続けるRPG(*2016/9/10記)

カオス&ソードは…

「未完成な状態で公開をされています!」

これはどういう事かと言うと
RPGツクールMVはブラウザ公開でき
ダウンロード不要でプレイできる事が一つの特徴であり、
ブラウザに最新版をアップロードすれば
プレイヤーは最新の更新版をプレイできます。
これを上手く利用している作品が
カオス&ソードなのではないかと思います!

常に新しい機能イベント・ダンジョン・シナリオ
そしてコラボキャラなどが頻度に更新をされていて、
まるでアップデートし続けるオンラインゲーム系の機能を
カオス&ソードというRPGに取り入れたかの様です!


なので単品作品(完成された作品)を公開するのではなく
未完成の作品を公開し、プレイヤーの言葉などを聞きながら
アップデートし続けるカオス&ソード
無限の可能性を秘めた作品なのかもしれない!


まとめ/最後に...

私も一応製作者という事でそういう目線から
言わせていただくと…

・コラボ企画
一言で...
そう簡単にこれだけの人数を実装できるフリーゲームはないかと!?


・高頻度にアップデートさせるやり方
こまめにサイトとゲームを更新
&
こまめにプレイヤーの方々とやり取りをしなくてはいけないやり方
色々と管理をしていくのが難しいやり方だと思います
なので私から見るとスゴいとしか言いようがない…

そしてカオス&ソードは挙げた3つの見所以外にも
「RPGあるあるネタ」を披露したり
そのあるあるネタを踏まえてのフリーゲームならではのイベントも満載で
RPG好きならプレイされるとスゴく楽しめる作品だと思います!

タイトル: カオス&ソード
ジャンル: RPG
製作者:
・メインシナリオ等 / KyoHey
・イラスト等 / 兎星アノ
・サブシナリオ等 / 鶴亀七八
URL:
・作者サイト /
A-KU
・ゲーム / 個人サーバー版プリシー版
・Twitter / @KyoHey_A_KU



この記事は私の個人的な目線で極力
ネタバレをしない程度に感想を書かせていただいてますが、
もし何か問題があれば記事の内容を変えたり削除する可能性があります。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カウンター
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
コメント
plugin_bottom_w.png
Copyright 気まぐれな開発記と何か by KU All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]