忍者ブログ

気まぐれな開発記と何か

気まぐれにスマホゲーム開発記を書いたり/ その他気になることを書いたり

entry_top_w.png
なんか習慣をつけたいと思いつつ、
気が付くと製作に没頭していて日記を書かない現実orz

とりあえず...
淡々と地味な作業をしている日々でございます('ω')

地味な作業とは....

シナリオのイベントを少しづつ作ったり

今日だと最初の方からマップに固定されている
アメリカンショート柄の猫との戦闘調整だったり...

あとはこのゲームはタイミングよくタップする事で
追撃をしたり敵の攻撃を避けたりガードしたり
する微妙なアクション要素を取り入れているので..
それ関係の調整をしています(`・ω・´)

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
どうでもいい雑談を雑にiphoneから(*´ω`*)
(今回はただのiphoneのブログアプリからの更新テストです)

雑談
また…またプラグインを一部追加して
一部なくす事をしてしまっています…( ゚д゚)

特にメインシステム系が変わるプラグインは変更すると今まで作ったシナリオ系イベントとかも作り直さないといけなかったりするので、あまり変更はしない方が良いのだけど…
もう少ししたらシナリオ系製作に移行します

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
RPGツクールMVAdvent Calendar 2016
12月6日の記事として書かせていただきました。
 

~自己紹介と前置き~


KUと申しますm(_ _)m

私は去年の海外RPGツクールMV(体験版)から
初めてツクールに触れて
現在にいたり1つの作品を製作しています。

5年ほど前にウディタを半年ほど使っていた経験がありますが...
↓↓↓↓
おじいちゃんがひたすら死に直面するサバイバルゲーム...

今の所デビューとなる一作品も
完成していない現状でありまして、

この場を(Advent Calendar 2016)をお借りして…

こんな製作者もいると(自宣伝込み)

まだ1作品も完成したことがない方や
これから私と似たような製作方針を
考えている方が少しでも参考になるように(自宣伝込み)

「まだエターナルになるには早い!」
「まだまだ大丈夫だ!!」

っと希望やら勇気やら何かを
少しでも与えれる記事になればと思います
_φ( ̄ー ̄ )(自…略込み)



では少々長いのを始めます!


*この記事の内容は私の個人的な
RPGツクールMVに対する感想や
製作中ゲームの進歩内容などのまとめになります*


2015年10月25日/製作スタート


1日の製作時間/1~3時間

(日により0にも5時間以上にも)

それなりに計画を立ててた
・大まかなゲーム性
・物語/ストーリー
・必要なキャラ数/敵数
・マップ数など



必要な素材の数などをメモをし、

製作当初は
「今年(2016)の5~6月に完成すればいいかな?」

...なんて思っていたが…

現実は甘くはなく…


終わりませんでした。



全然、全く終わりませんでした!。゚(゚´Д`゚)゚。


一体何に時間が掛かっていて
なぜ完成しないか原因を考えてみました。

とりあえず5つの原因を書いてみます!


~原因その1~
・ツクール経験値と作品規模


先人達
はよくこう言います


「初心者は大人しく簡単な物から完成させろ!」

「なんでもいいから完成させる事が大事だ!!」





……



……まったくその通りです!!(ノД`)

せっかくのツクールで
せっかく自分のRPGが作れるのに

なぜ?
意図してない簡単な何かを作らないといけないのか??

なぜ?
それに時間を費やさなくてはいけないのか??


多くのサイトでも書かれていますが
一応その説明を書くと。

ゲーム製作経験0な方が
ツクールをはじめて触れるという事は

ゲームプレイで
「はじめから」または「NEW GAME」
で始めるという事です。

つまり
主人公はレベル1
所持アイテムほぼなしな状態なのです!
 

そんな主人公目的
・魔王を倒す事
・誰かを救い出す事
・世界を平和にする事
・館から脱出する事
などなどそれぞれ想いは違いますが

所詮レベル1の無防備野郎です!!

世界平和なんて笑止
魔王も倒せなければ四天王の下僕すら
倒せるわけがありません 。
 

館から脱出するのにも
たくさんキーアイテムを集めて
奥にいるラスボス「コンニチハ」
するまで
帰れる訳がありません!!(*´ω`*)
 

ツクールやゲーム製作未経験者ってのは
そういう状態から始めるわけなので

多くの雑魚敵や多くのアイテムを集め
(イベント作成やデータベース作成)
たくさんの経験を積んでやっと辿り着けるのが
自分の求める目的地(作品)なのです。


なので先人達
簡単な物から完成させ、その達成感などを糧に
少しずつ経験を積んでレベルを上げて
自分の理想へ辿り着きましょう!
っと言っているのです…



…ですが私は…

半年ウディタに触れてイベントや
コモンイベントなどの処理や組み方は
なんとなく分かるしきっと作りたい物も作れる!٩( 'ω' )و

っとその助言を無視して

結果が…

何も完成しない現在の私になります。


~原因その2~
・大量の自作素材作成


絵描きでもドット絵職人でもなく、
素人で慣れてもいない製作に、

私の自作ゲームに対する
無駄なプライドと
こだわり
始めてしまった...
・歩行キャラ
・戦闘キャラ
・顔グラ
・イベント用ピクチャ
・一部エフェクト一部システム画像
・パララクスマップ用改変
などなどの自作…

私の無駄なプライドとは
自分のゲームを作るなら
他では見ない
自分オリジナルの
キャラが動いているゲームを作りたい!!

きっと多くの方が一度は思う事ではないでしょうか?(´・ω・`)

それに私の製作しているゲームは
猫が主人公です。

主人公以外にもたくさんが出ます。

しかしRPGツクールMVには
ネコキャラジェネレーターは勿論
動物キャラジェネレーターはありません。
(正直あっても使っていたかどうかはわかりませんが)

なのでRPGツクールMVの
ネコキャラは
こいつのみになります。
         ⬇︎

こ、こいつは私のゲームの主人公じゃない!!
そう見て3秒で思いました。


なので去年1からドット絵の練習を始めたのですが…

まずは自分に合うドット絵ツールを探し、
ドット絵知識について調べる日々、
ドット絵を色々適当に描いてみる日々、
そんな感じが続きました(ーー;)

そして素材が完成したと思いきや
何分元が0から始めたものだから
練習していくと少しずつマシな素材が
作れるようになっていき

何回もリメイクして少しでも良い素材に
しようとしていました!


そんな感じで素人が無謀な
自作素材製作に費やす時間は

去年から始まり現在でも続いていますε-(´∀`; )


~原因その3~
・度々と製作の規模や方針などの変更


先ほどのリメイクの話と似ていますが、
例えばもう既に出来ていた
メインの街マップ

このマップは製作初期の方に作った物ですが
当時は「シンプルに、建物は最小限に」と考え作っていたのですが、
一年もすると製作技術もそれなりに上達し、

製作ゲームの見え方や考え方が変わってしまいました。

「なんだかな~(ーー;)」

「冒険している感じがしない!」

っと何度も思うようになってしまい
下水道マップと
冒険できるマップが別であるから…
…っという理由でいままで自分に言い聞かせてきましたが、、、

つい最近、街の大幅リメイクを
時間かけてしてしまいました!( ̄ー ̄;)


戦闘画面では
当初は戦闘中にボタンが出現して
追加攻撃したりタイミングよく画面をタップ
攻撃が繋がったりなどなどもする予定は有りませんでしたが
これも興味から始まり製作へとなってしまいました。

他にも時間が経てば経つほど変更したい箇所が増え、
最終的にどんな風になるか自分でも分かりません(・_・;


増えるだけではなく没にした企画もいくつかあり、
当初計画していたゲームは
になってしまうという設定で

プレイヤーが性別を選べるようにしようかと

考えてました.....


…がイベント内容や会話をほぼ倍か
それ以上作らなくてはいけないなど

いくつかの理由により主人公は女性のみという
製作規模を小さくもする所もあります。


~原因その4~
・無駄な製作部分(?)が多い


ゲームを完成させたければ
必要な素材必要なメインシナリオ
イベントを集中して作っていけば完成すると思います。


しかし私は自作ゲームを製作をするなら
トコトン自分の好きな様に
世界観を作りた~い٩( 'ω' )و
と考えているせいで…


例えば
鉄棒素材を見たら掴ませたくなったり


木や雑草や花を動かせたくなったり


電車は車輪が動いてほしくなったり


正直メインイベントに
「特に必要のない要素」
たくさん手を出してしまっています(-_-;)

それらの無駄がなければ
今頃もう少し完成していたのかもしれません…



~原因その5~
・プラグイン

この世界には多くの
プラグイン製作者様という
神々がいてMVツクラーに製作をする為の
新たな力を与えてくれます(*´ω`*)


…要は...

RPGツクールMVはプラグインを入れる事で
進化し続けるツールです!!

RPGツクールMVRPGツクールなのに
アクションゲームにもなれれば

ジャンプアクションプラグイン / tomoaky氏
ノベルゲーム
にもなれるし

サウンドノベルプラグイン / トリアコンタン氏
シューティングゲームにもなれるのです!

MV Invader Mini Game  / Galv氏

ゲームジャンルを変えずとも
多くの拡張機能を追加でき
多種多様な製作ができるようになります!

私は製作当初からプラグイン達の
拡張機能の虜になり新しい魅力的な
プラグインが公開される度に
試してみたくなったり…
必要がどうかを考えてみたり…
他プラグインとの不具合・競合はないかと
テストをしたりしていました。

それらにもかなりの時間を費やしたと思います…(´・ω・`;)

現在はだいぶ必要なプラグインも揃ってきて
落ちついてきてます。

しかし現在製作中のゲームに入れて
ON状態にしている
プラグイン数は
115個


今後完成までにここからまだ増えるかもしれないし
不必要なら減っていくかもしれません(・_・;)
*プラグイン使用時は作者の記入する著作権などに注意する必要があります*

去年から今まででテストした
プラグインの数は恐らく
200以上300未満です(*´ω`*)
日本はもちろん海外公式英語フォーラムから
何語かわからないフォーラムのプラグインも試したりしました..


その中で素晴らしいプラグインはたくさんありましたが
残念ながら他プラグインとの競合や現製作物には
不必要となった物がほとんどでした…

いずれ私がオススメする厳選したプラグインの
使い方や詳細などを書いた記事を書いて
紹介できればなっと思います٩( 'ω' )و


っとなどなど色々原因を自分で自覚して
反省する所も沢山あるのですが、

製作を楽しんでいるのも事実であり
今更その製作スタイルを変えるつもりは
たぶんあまりないと思います(*´ω`*)


そもそも一体どれぐらい
ゲームが完成しているのか?



私が思うには最近色々と落ちつき
やっと土台が出来てきた段階だと思います


なんだかんだまだ時間は掛かるでしょうが
自分のリアルの事情などで来年中がリミットだと思うので、
もし来年中に何かイベントがあれば
それに合わせて公開出来るようになればと思います(*´ω`*)



~最後に~


製作の仕方はコツや手順を順々に進めていく方が
効率が良かったり
完成確率が高くなるのは事実です。


しかし実際は作り方は人それぞれで
自分に合う作り方で進めていくのが1番な...

..気もします…

何故なら「こうやって製作を進めたい!」っと
思う気持ちこそが、
自分が本当にやりたいやり方だからです!


そしてこの場をお借りして今年お世話になった
多くの方に感謝をしたいと思います!


・RPGツクールMV
これが「今度のツクールはPCだけじゃない!」
なんて言わなければ
私は今頃製作を始めてなかったでしょう(・_・;)
とてもMVは素晴らしいツールですm(_ _)m

・プラグイン製作者様
恐らく日本・海外とほとんど(6~8割ぐらい)の

プラグインを公開している製作者のものを
試させていただいたと思います...
その全てのプラグイン製作者のお陰でやりたい事が全てでき
いま私はエターナルになる事なくゲームを製作続けられています!
まだゲームが完成するまで
使用するプラグインをしっかりと決めてから
製作者様の名前を記載したいと思いますm(_ _;)m


・MVを通じてツイッターで繋がった方々
ふぁぼやRTは勿論、
時には嬉しいコメントなども頂いて
すごく製作の励みとなっています!

そして製作者の方々には進歩画像や動画を見せられると
毎度参考になったり憧れや嫉妬など色々と良い刺激を
頂いてとても為になっております!

・各素材サイト様
使用させて頂いている素材で私のゲームが成り立っています!
こちらもゲーム公開までに記載するサイトをまとめたいと思いますm(_ _;)m


皆様ありがとうございましたm(_ _;)m


私がRPGツクールMVに出会い
「スマホRPGアプリ作りたい!!」
っと思いはじめて…
イメージ↓


(素材は[ビジソザ]様のものです)


海外版ツクールMV体験版から製作を始め

あっという間に1年が過ぎてしまいました

がいまはこの作品に愛着も出ており
これからもトコトン作り込みたいと思っています。
なので今後こんな私と処女作になる

「猫で大冒険(猫冒)」
を宜しくお願いしますm(__)m

皆様ここまで
お付き合いありがとうございます!

来年こそは一作品目を!!(*´ω`*)
RPGツクールMVAdvent Calendar 2016
12月6日の記事として書かせていただきました。

拍手[7回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
RPGツクールMV製ゲーム


タイトル: アリスの娘
ジャンル: ブラックメルヘンホラーADV
製作者: ジグル / Giggle Game
URL:
・作者サイト         / Giggle Game

・ゲーム               / AndApp
・Twitter              / ジグル@GiggleGame


1-ブラックメルヘンホラーとは何か

タイトルとジャンルの通りメルヘンな不思議な国のアリスと
+αな世界をホラーで染めた感じの世界を体験できるゲームです 。

不思議な国のアリスで動物だっだキャラ達が
擬人化されている事でホラー色が強くなっている感じがします。


2-リアル頭身なドット絵と横スクロール

ゲーム画面は2Dの横スクロールでキャラクター達はリアル頭身
初代クロックタワーを思わせる雰囲気を出しています。

会話やメッセージに顔グラや立ち絵はないのですが、
頭身の高いドット絵キャラクター達が

「しゃがみ」 「見上げたり」 「笑ったり」 「頭がなくなったり」

などなどまだまだ沢山あるのですが…
そんなドット絵キャラ達が

シーンに合った動きを個性豊かにしており
想像をかきたてる内容になっています!

私はこういうドット絵が動作するゲームが大好物です!!
それと同時にこれらを見るだけで手が込んでいる作品だとスゴく感じます。


3-探索したくなるホラー

個人差はあると思いますが
私がプレイした感じは「程良いホラー感」を感じました。
本気で驚かせてきたり恐怖を与えるホラーは
プレイヤーや視聴者に

「もうこの場に居たくない!」
「怖過ぎる!もう先に進みたくない!!」

っと心理的に追い込んできたりする場合が
ありますがそれとは少し違い

ジワジワした...

ゾクゾクするホラー...


と言いますか…

重大な場面ではそのシーンそれぞれにかなり凝った残酷なシーンなどの
演出が存分に出ているのですが、

「怖いけどストーリーの先が気になる!!」

先を見たくなるような中毒性のある感じがして、
私はかまいたちの夜などのバットエンドを見るのが好きで
このアリスの娘もチリばまれたバットエンドが沢山あり
そう言われると...
あからさまに....

「こっちの道へ行けばどうなる?」

「この選択肢を選べばバットエンドだろ!」

っという感じの選択肢を楽しみながら選べる感覚があります。

私が思うこういう「正解ではない選択肢」を選びたくなる感覚って

何かをコンプリートしたくなる気持ちや、新しい物を購入した時のワクワク感、
つまり未知の物に初めて触れたり見たりする感覚と似ている気がします。

「選ぶときっと何か楽しませてくれる!」

っと感じるものがこの作品にあるからなんだと思います。


まとめ / 最後に…

独特な手の込んだグラフィックで描かれるアリスの娘は
非現実でメルヘンチックな世界をホラーで染めた物語…
イラスト込みでの演出の
重大なシーンまでプレイしたその瞬間...


アリスの娘というゲームに
心を鷲掴みにされるような感覚になると思います!


そして私個人的にはメルヘンチックという部分よりも
胸が熱くなるようなドラマチックな展開が終盤にあるのがとても印象的で

ストーリーを楽しみたい方やホラー好きであればプレイをお確かめします。



タイトル: アリスの娘
ジャンル: ブラックメルヘンホラーADV
製作者: ジグル / Giggle Game
URL:
・作者サイト         / Giggle Game

・ゲーム               / AndApp
・Twitter              / ジグル@GiggleGame



この記事は私の個人的な目線で極力
ネタバレをしない程度に感想を書かせていただいてますが、
もし何か問題があれば記事の内容を変えたり削除する可能性があります。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
<< 前のページ 次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
plugin_top_w.png
カウンター
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
コメント
[09/03 How do you treat a sore Achilles tendon?]
plugin_bottom_w.png
Copyright 気まぐれな開発記と何か by KU All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]